13日の金曜美術館|アトリエ如瓶|ブログ・ヘッダ画像

このブログは、世の中の様々な「黙っていられん!!」ことを書くことを主旨としております。お客様や、お客様になるかも知れない方が読む可能性のあるブログではありますが、(書き手が勝手に決めたものながら)主旨を尊重し、常体文で記述して参ります。何卒お含みおきの上、お読みくださいますようお願いいたします。

東日本大震災から10年

皆様、お早う御座います。館長&代表の如瓶です。

さて、あろうことか、或いはInstagramへの投稿に夢中になっていたりしたためか、2020年のこの時期に、東日本大震災についてブログで触れることは無かったようで、震災が起こった2011年に現地へ赴き、肉眼で現地の惨状を見てきた立場としては大きく反省したいところだ。

TVなど見ていても、10年という節目にあたって、どの局も数日に渡る特集を組むなどして、東日本大震災の記憶を呼び覚まそうとしているようであり、それはそれで悪いことではないと思うが、現地に赴いて私が目の当たりにした惨状のことを思うと、ああした現実にこそ「惨状」という言葉が使われるべきであり、平時の少々のことに対して「惨状」という表現を軽々に使うことに無責任さを感じるほどの、筆舌に尽くしがたい様相だったことを改めて思い出し、その厳然たる現実については、日本国民として認識を薄れされてはならないと改めて思うところである。

昨今のコロナ禍についての報道を見ていて、「有事にこそ国家の資質が問われる」といったようなコメントを耳にするが、同じ有事の政府の対応を考えると、10年前も変わらず、どの政権だったかに関わらず、日本の有事に対する政策の稚拙さはそれほど変わっておらず、嘆かわしいことこの上ない。 政府や政権のせいにしているようだが、意識の薄さが投票率に現れている国政に対する日本国民の意識の薄弱さが……などと続けたいところだが、昨年ブログで何も触れなかった私が何か言えた立場ではないだろう。

いずれにせよ、震災が起こって4カ月ほど経過した頃に、たまたま3月いっぱいで失職することになっていた私は、何かの役に立ちたいと思い、避難所などでのアトラクションとして似顔絵描きをすることを主たる目的として、被災地へ赴いた。
何故3月に失職し、何故4カ月後に現地へ行ったのかとか、失意のどん底にいらしたであろう被災者の方々をつかまえて、呑気に似顔絵を描こうとしたことについてどんな気持ちを持っていたか……などについて、険しかった経緯や懊悩、また奮闘ぶりなどについて長々と、mixiの日記を利用して記録していたので、これを機に改めて紹介したいと思う次第である。

2年前にも、ほぼ同じ形でmixiで書いた日記の転載を紹介していて、また同じことをするわけだし、被災地へ赴いて絵描きなりに貢献しようとしてきたことについて書いたことを何度も紹介するのは、いい人アピールをするにしても低劣な方だと思うし、むしろそれも改めて紹介する目的であることも否定できないのだけれど、こうしてブログに残すことにより、記憶の風化を防ぎたいと思うのが、最たる動機であることもまた間違いない。 私のドタバタ似顔絵紀行はさておき、当時見た「惨状」については、振り返るに足りる記録となっていると思うので、興味を持たれる方は、ぜひご一読願います。

と、そんなわけで、以下がリンクであります。

気がつけば被災地・其の01

気がつけば被災地・其の02

気がつけば被災地・其の03

気がつけば被災地・其の04

気がつけば被災地・其の05

気がつけば被災地・其の06

気がつけば被災地・其の07

気がつけば被災地・其の08

気がつけば被災地・其の09

気がつけば被災地・其の10

気がつけば被災地・其の11

気がつけば被災地・其の12

気がつけば被災地・其の13

気がつけば被災地・最終回

以上、今回は昨年の反省と、コロナ禍の影響もあって被災地へも他の何もかも、何も出来ない無力感にも苛まれていることも含めて、黙っていられませんでした。

謹賀新年2021

皆様、こんばんは。館長&代表の如瓶です。

さて、1月も下旬というのに、今年初めての投稿となってしまった。
なぜこんな事になったかというと、体調を崩したのでもなく、感染した結果入院していたのでもない。
このブログの投稿に利用しているWordpressが自動更新された結果、過去のブログに貼り付けた画像のサイズが変わったり、センター揃えが左揃えになったりと、レイアウトが崩れてしまったことに原因がある。
Webデザインに軸足をおいてデザイナーをやっている立場上、こうした見苦しいページを放っておくわけには行かないので、気付いてすぐに原因を探ったのだが、Wordpress内のツールで設定していた画像の配置等を再設定したり、プラグインをすべて解除してみたりと、調べたり思いついたりした手段を試したが、もとに戻らないので、すっかりやる気を無くし、不貞腐れていた……というのが実情である。
WordPressは、無料で使えるブログツールで、htmlやCSSの知識があれば、便利なものではあるが、自動更新を許可していたとはいえ、勝手に変更してくれた挙げ句、画像のレイアウトが乱れてしまうようでは大いに迷惑だし、実際お客様に提供したサイトで同様なことが起こり、簡単に対処できないようでは使い物にならない。
私のブログくらいなら、投稿数がそれほど多くはないし、画像を貼り付けていないものもあるので、対処はやる気の問題で、Wordpressを使っていないサイトと同様に画像を貼り付け直して意図通りのレイアウトにすることはできると思うが、複数人で週に2回のペースで書かれた企業ブログだったりすると、こうした手作業では時間も手間もかかり、お客様も私も大いに迷惑だ。

……とまあ、今ひとつ気力が湧かなくてサボっていたところを、Wordpressの自動更新に憤懣をぶつけて誤魔化そうとしているわけだが、ともあれ、やっと投稿する気になった次第であります。
サボってしまって申し訳ありませんでした。

と、ここで、画像がキチンと表示されるかどうか、チェックしてみよう。

私のブログを読んでくださっていた方には見覚えのある、肖像権がヤバい画像だが、ほれ、ご覧の通り、これまで通りの行程で画像を貼り付けてみると、この有様。画像サイズが設定したより小さくなっているし、左右中央揃えに設定したのに、これも無視されている。
ソースを参照してみても、Wordpressからアップロードした画像なので、しかるべき海藻から読み込まれているようだし、サイズについても適切な数値だし、左右の揃え方もcenterが指定してある。
つまり、Wordpress上での設定は何も問題がないようだ。
そうなると、考えられるのは、別なところで使われている画像についてのCSSが、このページでも適用されている場合だが、読み込むべきCSSファイルの指定は間違っていないし、そもそも自動更新が為された結果、そういうところまで書き換えられてしまっては、本当に使い物にならないし、自動更新がそういうところまで書き換えてしまうというの考えにくいし、そもそも必然性がない。

記事ごとにアップロードした画像は、Wordpress関連のファイルが収められている階層内の所定のフォルダに保存されており、Wordpress上ではライブラリ内に収められ、ここから再び選んだりできて、この検証中も、かつては正常に表示された画像だから……と、再び貼り付けたのだけれど、もう一度、アップロードからやりなおしたらどうか。

うーむ、やはり駄目なようだ。
貼り込んだ画像の下に文章がなければ、回り込みが解除されることは分かったが、とにかくサイズが小さくなってしまうのは何とかならないのか。
更に、色々と検証してみると、画像を何通りかの形式に変換できるモードが有ることに気付いたので、カラムに切り替えてみると……。

あ、回り込みは解除された。しかしながら、サイズはやはり小さいまま。
このカラムについてソースを見てみると、文章と画像とカラムと……と、 WordPress独自のタグでブロックの属性を指定しているようだ。サイズは640pxに設定されており、こうして表示されているサイズでは半分くらいの大きさなのではないだろうか。

これは、検証を続けた方が早いか、検索して対処法を探すのが早いか、どちらにしても時間がかかりそうだ。
自動更新されるたびに同様のことが発生し、検証に時間を取られるくらいなら、MobableTypeか何かの競合するツールを覚えたほうが早い気がしてきた。

……と今年初のブログなのに、不完全燃焼なまま今回は終了でございます。
ブログも書かずに、何も問題意識もないままでは御座いません……と、黙っていられませんでした。
今年も良い一年になりそうだなあ。(半泣)

Tシャツ販売・更にその後ともう一つの追悼

皆様、こんばんは。館長&代表でブログをサボり気味な如瓶です。

タイトルにあるように、Tシャツ販売についての動向について書いておこうと思う。
売れ行きはというと、その後ズバリ0! ……という悲しい現状だったりする。
9月の中旬頃に販売を始めた時点で、Tシャツとしては遅い販売開始だったと思うし、知人からのご祝儀的な購入の4枚以降、サッパリ注文がなかったので、去る10月27日にオフシーズン・セールという形で1,000円割引を敢行した。
この頃、Instagramの商用利用の許可が降り、投稿した画像に、値段を表示できるようになったりしたのを好機としたのだが、やはり秋が深まる時期ではアピール不足。しかもコロナ禍で景気は世界的に冷え込んでいるためか、セールスはストップしたままだった。
毎日のように経済ニュースに目を光らせていて、米国といい国内といい、消費が不活性化しているため、行き場を失ったお金が投資に流れ、株価が高騰しているという話を知っていたため、投資家がトレードに回す分の浮いた資金を狙っていた部分もあったのだが、やはりアテが外れてしまった。

私のInstagramのフォロワーは、外国の方が多く、北半球が秋や冬になろうと、中東や南半球エリアの方も少なくないのでチャンスはある……と思っていたのだが、引き合いはないまま。やはりこれもコロナ禍の影響というべきだろうか。
付け加えて書くならば、期待していた海外へのセールスには、アジア以外のエリアだと2,000円を超える送料がかかるという点も障害となっていると思う。アフリカや南アメリカ大陸諸国だと何と2,400円。私のTシャツの制作費に相当し、これは本当に想定外だった。
物価の安い国だったりすれば、送料だけで上等なTシャツが買えるだろうし、いくら絵柄を気に入ってくれたとしても、2着買えようかという金額のTシャツを買うのは、そこそこ裕福でないと出来ないことだろう。
100着単位で大量生産・大量輸送するならば、送料も気にならない金額で販売できるかも知れないけれど、現状では無理だ!

せっかく作ったTシャツが売れなくては困るのだけど、性格上どうしてもあざとくフォロワーを増やしたりなどするようなことは、出来ればせずに済ませたい。
というわけで、とうとうウインター・バーゲンと称し、更に割引して3,000円での販売を、昨日開始した。

Tシャツ販売を開始したときのブログにも書いたけれど、オリジナルTシャツの相場の値段は3,000円くらいであり、とりあえずそれでも利益は出る。
しかしながら、この相場の金額で計算すると、60着ハケてようやくその収益だけで増産ができ、あるいは新しい絵柄のTシャツを作ることだって出来ることになるのだが、この枚数を売りさばくのには、何かのきっかけで脚光を浴び、バズるような事でもなければ何年かかるか分かりゃしない。
次の展開をなるべく早く見込むためにも、少々高めのお値段にしたのだが、在庫が腐るわけではないし、やはり気長に考えたほうが良さそうだ。

名誉のために書いておくけれど、お買い上げいただいたり、販促の協力のお礼としてTシャツを進呈した方たちの反応を書いておくならば、概ね評判はよく、「珍しいTシャツを着ているね」と指摘を受けたという声を聞いたし、換気扇のをお求めくださった方は、「絵柄にインパクトがある割に色調がグレー系だからどんなシャツとも合わせやすい」という実感を聞くことも出来た。そんなに出来の悪いものではないと思うのだ。

ウインター・バーゲン開始からまだ一日しか経過していないが、上掲の画像に対するいいねは12件程度で、ショーン・コネリーの似顔絵などと比べても反応は薄い。要するに、標準的と思われるお値段にしても、今は待つべき時期……ということになろうだろうか。
ある程度経済も回復して、猛暑だったりすれば、Tシャツのニーズは高まるだろうし、秋冬には私自身着づらいヒマワリの株も上がり、愛されるTシャツになる……んじゃないだろうか。
因みに、春夏を迎えた際に、セール価格またはバーゲン価格を元に戻すかは、今なお検討中であります。

さて、タイトルにある「もう一つの追悼」について。
私が今年最も熱心に表現活動をしてきたのは007シリーズに関連するイラスト制作だったわけで、それはショーン・コネリーの追悼のブログでも書いたとおりなのだが、似顔絵を描くにあたりDVDをレンタルしたついでに、TVの放映ではカットされていたシーンを見たくて『女王陛下の007』も借りてノーカットで鑑賞してみた。
放映時間の関係があり、ストーリーの破綻を最小限にするためとはいえ、よくもまあこんな重要なシーンをカットしてくれたもんだと呆れつつ、それをきっかけに、ウィキペディアの記事も改めて見てみたのだが、一連のイラスト制作の最初に描いたこの映画のボンド・ガールを務めたダイアナ・リグが、今年の9月10日に82歳で亡くなっていたことに気が付いた。
これもショーン・コネリーの追悼のブログでも書いたけれど、TVでシリーズのほとんどが放映され、私がせっせとイラストを描いた年に、ショーン・コネリーが亡くなり、さらにその前にダイアナ・リグも亡くなっていたとは。
TVでの放映がきっかけで取り組んだイラスト制作だったわけだけれど、007シリーズに出演していて、私が似顔絵を描いた2人もの俳優さんが亡くなったというのは、少し重たい偶然である。
再掲する形になるけれど、もう一度イラストを掲載して、ダイアナ・リグの逝去を悼みたい。

以上、黙っていられませんでした。

女王陛下の007・トレーシー役のダイアナ・リグ